演劇集団キャラメルボックスまとめ倉庫

演劇集団キャラメルボックス製作総指揮・加藤昌史です。 Twitterに溢れた感想や、いろんなことを「まとめる」ためのブログです。

2013年12月

12月23日(祝)〜25日(水)あたりに流れた、Twitterでのキャラメルボックス関連のつぶやきをざざざーーーっとどうぞっ!!













































































































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

21日(土)から22日(日)までのキャラメルボックス関連についてつぶやかれたツイートをまとめてみました。
『ウルトラマリンブルー・クリスマス』や、そのニコニコ生放送やら、CaramelBoxTVやら、外部出演の劇団員のこととか、いやー、キャラメルボックス、いろいろ動いてますっ!!
 




































































































    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

19日(木)に『ウルトラマリンブルー・クリスマス』を観に来てくださった方や、20日(金)夜の「演劇集団キャラメルボックス in ニコニコ動画(仮)」での『クローズ・ユア・アイズ』オンエアなど、今日までのキャラメルボックス関連の話題をTwitterからピックアップしてみましたっ!!


 








































2013年『彼の背中の小さな翼』で突然復活した、「キャラメルボックス・アコースティックシアター」という呼び名。
そして、2014年の春には、その「アコースティックシアター」を2本立てで上演

「演劇でアコースティックってどういうことっ?!」
「素舞台でやるとか、ロックを使わないとか?!」
……など、「アコースティックシアター」の歴史をご存じ無いほとんどの方々から、ご質問をいただきましたので、まとめてみました。

「アコースティックシアター」はいつから始まったの?
1993年。
85年に結成して以来、成井豊の作・演出によるSFを題材にしたハイテンポな舞台を上演してきたキャラメルボックスは、すでに成井ひとりで年間4公演をやるのは難しい、ということに気付きました(←速い!!)。
そこで、旗揚げメンバーの一人で、小説家志望だった女優の真柴あずきを第2の脚本家に育てよう、と説得。
嫌がる真柴に無理矢理「まぁ、1回だけ」と書かせたのが、第一回のアコースティックシアター『四月になれば彼女は』でした。

『四月になれば彼女は』チラシ
★『四月になれば彼女は』1993

「菊乃」さんのブログでの紹介記事

なんで、どこが、「アコースティック」なの?
ハイテンポでガンガンのロックがかかってポンポンシーンが変わっていく、というのがそれまでのキャラメルボックスの舞台だったのに対して、ヒリヒリするような細やかな心の動きを丁寧に描いていく、女性作家ならではの作品を、キャラメルボックスの新しいシリーズにしていこう、ということで「アコースティックシアター」という冠タイトルを付けたのです。

当時、ロックミュージシャンが、エレキギターではなくアコースティックギター一本でライブを行うことがブームになって「アコースティック・ライブ」と呼ばれるようになっていたことからの命名なんですが。

ところが、冒険、と思って始めたこの「アコースティックシアター」第一弾の『四月になれば彼女は』が、初日を開けてみたら大好評。
翌年の『アローン・アゲイン』が、当時デビューしたばかりのSpiral Lifeの楽曲を使用したこともあってこれまた大好評となり、その後、『ヒトミ』『あなたが地球にいた頃』『MIRAGE』『エトランゼ』と、この真柴あずき脚本のシリーズは続きました。
が、時代劇『我が名は虹』を真柴が書いたこと、アコースティックシアターに影響されたのか成井豊の作品にもヒリヒリ系が増えてきたこと、などがあって、しばらく「アコースティックシアター」という名前は公演タイトルからは消えておりました。

「アコースティックシアター」はなんで復活したの?
が、2013年。
真柴あずき単独脚本で、出演者を5人に絞った『彼の背中の小さな翼』を発表するにあたって、あらためて「アコースティックシアター」というタイトルを復活させました。これが再び好評をいただくことができたため、2014年春もアコースティックシアターをやろう、ということになった、というわけです。

「アコースティックシアター」だからと言って一切ロックミュージックがかからない、ということでは決してありませんので、ご了承くださいっ!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

17日(火)と18日(水)の感想などのツイートをまとめてみましたっ!!






























































 

このページのトップヘ