21日(土)に大阪・サンケイホールブリーゼで幕を開けたキャラメルボックス結成30周年記念公演第一弾『クロノス・ジョウンターの伝説』。2作品を交互に上演していく、ということで、土曜日は『クロノス』再演の初日、そして22日(日)は成井豊による新作『パスファインダー』の初日が開けました。

52-2観るまで知らない方が絶対に楽しい仕掛け満載の新作だけに、終演後のツイッターのつぶやきがどうなるのかヒヤヒヤしつつ楽しみだったのですが、みなさん上手に「ネタバレ」を避けつつ感想をアップしてくださっていましたので、安心して「まとめ」を作ることができましたっ!!

『パスファインダー』終演後の「撮影OKタイム」は、『パスファインダー』劇中のタイムマシン「クロノス・ジョウンター」起動シーンの再現。
前説で「フラッシュを使わずに連写がおすすめ」とお話ししてあったせいか、ものすごい連写音。が、ところどころ、どう見てもフラッシュの切り方がわからなくてうろたえていらっしゃる方の姿も。

撮影タイム終了後のカーテンコールでは、劇中ではクロノス・ジョウンターには乗らない設定の役をやっているゲストの陳内将くんが乗ってみてしまったり、と、初日らしいウキウキ気分の出演者一同。

超満員のサンケイホールブリーゼの雰囲気が、みなさんのツイートからも伝わってくるかと思いますっ!!

では、まとめスタートっ!!